普段の生活を変えたくて、旅行に出かけることってありますよね。でも、そんな時には、あまり外を出歩きたくないものです。ホテルの中で、ゆっくりと時間を過ごして、休暇を満喫したいと思うものです。そんな時にうってつけのホテルを宇和島で見つけました。この宇和島にあるホテルですが、名前は「クアホテル」といいます。このクアホテルのホテルの特徴は、7つのレジャープールとたくさんのスポーツ施設があることです。つまり、ホテルの敷地内にいるだけで、何日も遊ぶことができます。スポーツ施設は、例えばボウリング、スカッシュ、スポーツジムなどがあります。さらにはサウナもありますので、汗を流した後は、サウナですっきりするのもいいですね。さらにアミューズメント施設もありますので、家族で遊んでみるのもいいかもしれません。普段、家族でこのような場所で遊ぶことはほとんどないので、良い思いでになるかもしれませんね。ゆったりと過ごしてほしい、というのがホテルのコンセプトなので、ホテルの部屋もとても広々としています。まだお食事も、宇和島ならではの食事もいただくことができます。例えば、宇和島の郷土料理のさつまめし、名物のじゃこの天ぷら、地元産伊予牛しゃぶしゃぶなど、他では味わえない食事も、しっかりとそろっています。宇和島の人気ホテルを比較する!1日じっくりと遊んだあとは、おいしい食事で元気を取り戻してみてください。

徳島の阿波踊り、高知のよさこい祭りは非常に有名なので、誰でも知っているかもしれません。もう一つの四国のお祭りが新居浜の祭りです。この新居浜にある旅館に泊まれば、お手軽に四国の三大祭りを楽しむことができます。そんな新居浜の旅館には「朝日家旅館」があります。宿らんならおすすめのホテルが見つかる!まさに新居浜市にある旅館なので、祭りの時には、すぐに参加をすることができるはずです。この旅館の良さは新居浜にあるというだけではありません。この旅館は割烹旅館なので、お料理が一番のオススメです。この旅館は創業60年になりますので、新居浜にある旅館のなかで、2番目に古い歴史を持っています。目立つような派手さはないものの、長い歴史を感じられる造りで、さらにアットホームな感覚を感じさせてくれます。メインになるメニューは和食が中心になりますが、特にオススメなのが、ウナギ関係のメニューです。1泊2泊というよりも、長い間宿泊するのに向いている旅館かもしれません。特に料金もお得で、素泊まりの場合には、たったの3,500円です。新居浜の人気旅館情報!さらに一泊二食付きのプランでは、5,100円と破格の宿泊費になっています。この金額なら連泊しても大丈夫そうです。この旅館には、長期滞在にも対応できるように、洗濯機や物干しまでありますので、安心してください。

四国と愛媛を巡る旅行を考えている人にとっては、どこを拠点にするかはとっても重要です。でも拠点があれば良いというわけではなく、観光にこだわりながら、ホテルにもこだわりたい、そんな方にピッタリのホテルが新居浜にありました。この新居浜のホテルの名前は「リーガロイヤルホテル新居浜」です。非尾獣に格式のあるホテルで、その格式の高さは、四国でナンバーワンといっても過言ではありません。新居浜ホテルのおすすめ情報はこちら!シングルルームにも、セミダブルサイズのベットを配置し、旅で訪れる人々に癒しの空間を準備しています。このポリシーは、他のツインやスイートにも現れていて、どの部屋も大きく、ゆったりと過ごせるようになっています。ハイクラスのホテルとして、ホテル内にいくつもレスtランを有しており、中華から和食、フレンチなどたくさんのレストランがあります。お好きなレストランを選んで食事をすることができます。そんなホテルの周りにはたくさんの名所があります。タオル美術館、滝の宮公園、広瀬歴史館、マリンパーク、多々羅大橋、とべ動物園もあります。また祭りの季節では、勇壮華麗新居浜太鼓祭りも見ることができますので、観光の際にもとっても便利ですね。旅行で愛媛や四国に行く予定の方は、この新居浜のホテルを参考にしてみてくださいね。

中国エリアで、10部屋以下の宿NO.1に輝いたのが「渓谷の隠れ宿 祖谷美人」という、徳島にある旅館です。この旅館は離れ宿形式になっていて、日本全国で見ても非常に人気の高い旅館です。とにかく誰もが一度は泊まってみたいと思う、離れ宿で全室あわせてたったの9部屋しかありません。それぞれにきちんと温泉があり、自宅のような感覚で、誰の目を意識せずにゆっくりと温泉に浸かることができます。9つある離れ宿のなかでも、特にオススメは「離れスイート」です。この部屋は突き出した設計になっているので、まるで空中に浮かんでいるかのような錯覚を感じます。徳島の旅館を調査!角部屋なので、270度すべての景色を見ることができます。宿からは祖谷渓谷を見ることができ、本物の自然を満喫することができます。通常とは違う時間の流れを感じることができ、さらにいつもよりもゴージャスな雰囲気も味わうことのできる、そんな宿になっています。出される食事も、こだわりぬいていて、おそばに関しては本格的な手打ちそばになっているんで、そばの香りから、コシまでがまったく違います。さらに阿波牛の刺身、握り寿司まで食べることができ、山の幸を思う存分感応できます。そんな徳島の別格の旅館はJR大歩危駅から車15分のところにあります。いつもとは違う旅をという方には試して頂きたい旅館ですね。

鳴門は徳島の中でも、風光明媚な場所です。海に囲まれたすばらしい土地で、ここのポイントは何と言っても食事です。そんな徳島の鳴門にあるホテルが、徳島県全体のホテルの中で、一番人気があります。その理由は先ほども述べたように、美しい雄大な景色、そして美味しい食事の二つです。この両方をしっかりと楽しむことのできるホテルが「ルネッサンスリゾートナルト」です。こちらのホテルの一番のオススメは、お食事です。特に料理長が腕を振るっている、鯛のしゃぶしゃぶは、コレだけを食べに来る人もいるほどの美味しさです。このホテルで使っている鯛は、すべてが天然物なので、こちらの鯛会席は他のものとは一味もふた味も違います。もし鯛のしゃぶしゃぶを食べるのであれば、どうぞその盛り付けにも注意してみてください、料理長の腕を見ることができます。さらにこのホテルは海を眺めるのも最高です。開放感のあるテラスカフェがありますが、前面ガラス張りになっているので、朝日を見るのも、夕日を見るのも最高の場所です。徳島の格安ホテル。天然温泉露天風呂からは、遠く淡路島も見ることができ、その美しさは語りつくすことはできません。こんな色があったのか~と感心させられっぱなしの時間になるでしょう。そんな人気NO.1のホテルは神戸淡路鳴門自動車道の鳴門北ICからすぐです。

鳴門の名物が鯛ってことをご存知でしょうか?あまり知られていませんが、鳴門の鯛は非常に美味しいことで有名です。鳴門に来られたのであれば、是非とも鯛は食べて帰っていただきたいものです。そんな鯛を食せる旅館を見つけました。この旅館は「鯛名所 鯛丸」という旅館です。こちらの旅館では、鳴門名物の鯛の薄造りを食べることができます。ポン酢につけて食べる鯛の薄造りは本当に最高の味です。こちらの鳴門の旅館では、この鯛をはじめ、あらゆる魚介類を楽しむことができます。鳴門の旅館予約ならこちら!春夏秋冬すべての季節で、その時期の旬のものを食すことができるのも、この「鯛名所 鯛丸」の強みですね。例えば、夏の時期に鱧がメニューに入ってきますので、鱧を食べたい方は夏に行ってみるのもいいかもしれません。でも、この旅館の良いところは、食事だけではありません。すべての部屋から大鳴門端を見ることができます。もちろん大浴場からも同様の景色を見ることができますので、ゆったりとお湯に浸かりながら、時間が過ぎるのを忘れて海を眺めることもできます。この旅館の場所から、すぐ近くに鳴門の渦潮がありますので、ちょっと散歩がてら見に行くこともできます。この鳴門の旅館の場所は、JR鳴門駅で降りて、鳴門公園行きのバスに乗って20分ほどです。

旅行に行って、ホテルに泊まる時にもプライベートを大切にしたいという方も大勢いらっしゃいます。でもホテルに泊まると、意外と大勢の人がいて、プライバシーがあまりないというのが現実です。でも、あくまでプライベート感を保ちたいという方のために、鳴門で良いホテルを見つけました。この鳴門のホテルの名前は「リゾートホテルモアナコースト」です。鳴門のなかでも珍しい、メゾネットタイプのホテルになっています。メゾネットタイプの部屋が全部で8つしかないので、当然宿泊客の数も多くなく、他人に煩わされることが少なくなります。鳴門のホテルの口コミを見る。すべてのお部屋が2階建てになっているので、ベッドルームと居住空間を完全に別にすることができます。またすべての部屋には、すべて屋上にお風呂が完備されています。この屋外のお風呂からは、鳴門海峡や淡路島を眺めることができ、夕方の景色は言葉では言い表せないほど美しいものです。カップルで入ることができますので、とても甘い時間を過ごすことができそうです。さらに、この鳴門のホテルは本格的なイタリアンもいただくことができます。料理の質は、本格イタリアンレストランと、同レベルの水準です。地元の美味しい食材を使った本当に美しい料理でさらに、美味しい料理です。場所は鳴門北ICから車で2分ほどのところにあります。

徳島の阿南は四国の最東端に位置しています。周りは太平洋と紀伊水道に囲まれていて、自然の豊かな場所です。とくに阿南海岸国定公園の北端にあります。この阿南市に行かれる場合には、意外と多くの人がリーズナブルな価格の旅館を探されるようです。そんな旅館を阿南で見つけましたので、紹介しますね。この阿南の旅館は「旅館・民宿かさぎ」といいます。「阿南 旅館」なら宿らんは必見!決して新しい旅館とはいえませんが、値段の割りに、料理もっしっかりしているという評判の旅館です。この旅館の規模はちょうど、民宿と旅館の間という感じなので、決して大きくはありません。しかし、大きくない代わりに、アットホーム的なサービスを受けることができます。なにか不都合があれば、すぐにスタッフに言うなら、あっという間に対応してくれます。宿泊費の食事なしなら、4000円台から宿泊できますし、朝食が付いていても5,000円台からなので、とても安いと思います。夕食が付いている場合は7,000円台になりますが、まだまだリーズナブルな金額ですね。食事の量は、値段の割にはたくさんあるようで、さすが海が近いので、海鮮を使った美味しい料理を食べることができそうです。さすがに高級な旅館などとは大きく異なっているので、期待しすぎは良くありませんが、旅の際には安い宿をと考えている方にはピッタリな旅館かもしれませんね。

女性が一人で旅をしたり、お仕事で移動すると、宿泊先に困ることがあります。知らない男性が隣の部屋で寝ていると思うだけで、なかなか寝付けないという方もいらっしゃいます。そんな心配をしなくても良いホテルが阿南にありました。このホテルの名前は「阿南プラザイン」といいます。この阿南のホテルには女性優先フロアがありますので、女性が安心して泊まることのできる施設となっています。ちょっとした気遣いですが、女性にとってはとても安心できる、そんなホテルです。このホテルは阿南駅から徒歩でたったの3分で着きますが、大浴場が完備されています。仕事終わりや、旅の疲れを取るには、やっぱり大きなお風呂で足を伸ばしながら休みたいものです。そんなわがままな要求もしっかりかなえてくれます。駅前のホテルで大浴場がついているということは、珍しいので、とても貴重です。もう一つうれしいサービスは、すべての宿泊プランに自動的に朝食が付いてきます。もちろん食べないこともできますが、出かける前に食事を食べられるのは、ビジネスマンでも、トラベラーでもうれしいものですね。ホテルの口コミ情報!またブロードバンド施設も充実していて、1Fのフロント前には無料で使えるパソコンも常備されていますので、自由に使えますので、連絡面もまったく問題になりませんね。阿南のホテルランキング!阿南に行くときには参考にしてみてください。

ウミガメの産卵を見たことがあるでしょうか?たとえ、ウミガメの産卵地であったとしても、産卵を見れるか見れないかは運次第のようです。そんな見れる確率を少しでも上げるために、産卵地の目の前に泊まる人が増えています。徳島の日和佐に、ウミガメ産卵にピッタリな旅館を見つけました。この日和佐の旅館は「うみがめ荘」といいます。まさに、うみがめのためにあるかのような旅館の名前です。日和佐の旅館の口コミを見つかります。この日和佐の旅館では、すべてにおいて「うみがめ」が中心になっています。5/20~8/20までは、旅館内にいても、うみがめの産卵に注意するということで、少し不自由もあるかもしれませんが、非常に貴重になっている「うみがめ」のためと思えば、なんの問題もありませんね。旅館の目の前が、うみがめの産卵ポイントになっているので、産卵にであるチャンスは非常に広がります。みなさん、うみがめのために夜もとても静かにしていますので、周囲の騒がしい騒音などは一切なく、波風の音がずっと部屋に聞こえてくるという感じの雰囲気です。<ホテル予約>近くにはウミガメ博物館もあり、そちらでは子供のウミガメを見学することもできます。そんな日和佐の旅館の場所は、JR牟岐線日和佐駅からお車で5分ほど。実質の距離は徳島市より55kmのところにあります。